障害とわたし
見出し画像

障害とわたし

「お姉ちゃんはお前の脳に障害があると思っている」

4歳くらいから繰り返し姉にそう言われた。

別に彼女は悪意があって言っているんじゃなく、ただ思った言っている。

私も、何回も言われると
「そうなのかなぁ」と思うようになったし、特に嫌な気分にはならなかった。
というかそうであってくれないと、この生きづらさの説明ができんだろうとさえ思っていた。

あと自分だけ色が蛍光の黄色だった。

何を言っているのかと思うだろうが、共感覚の話だ。

私の場合、人や数字や漢字に色や触感を感じる。

子供は皆もってるらしいが、大人になると徐々に消えていくらしい。

わたしは34歳くらいまではっきりと残っていた(35のとき物凄く忙しくて、なぜかそれから薄くなってきている)

とにかく私だけ蛍光で、他のみんなは蛍光じゃない色。
そのせいで、小さなときから自分の異端さを感じていたのだ。
いや、異物とでもいおうか。

この世界の異物。

異物は排除されなくてはいけないのだ。

………

文章の練習です。途中で飽きました。
また書くかも















ああん…❤嬉しわぁ
37歳 ときどき漫画家 発達障害(ADHDと軽度アスペルガー)