見出し画像

大好きなものができると悲しくなるわけ

ざく ざくろ


大好きなものができると悲しくなるわけ

皆さんこんにちは。ざくざくろです。
最近は元気なときがあり、1日に一時間くらい創作に当てられるようになってきました。

ただムラがあってここでイキるとまた鬱っぽくなってしまうので慎重にすごしています。


そして少し元気になってきたキッカケのひとつは、やっぱりあつ森だと思います。

元々私は季節の便りを感じるのがとても好きなのですが、前までのメンタルだと目に映る現実世界の解像度が高すぎてしんどくなってしまうときがありました。

でも二週間くらい前に始めたあつ森の世界は、ちょうどいい情報量でコントロールされています。
例えば草や木などはこんなふうに簡略化されてかかれています。

草はよくみたら小さい三角がしきつめられている



かと思えば虫とか魚はめちゃくちゃリアルで、
さらに水面にうつる光、鈴のついたドアを閉めたときの風の中に消えていく音、風でゆらゆらゆれる葉っぱなどの自然現象もリアル世界での「それ」を思い出すほどの「らしさ」が詰め込まれています。



この世界を体験しているうちに
「あぁ、そうだ現実の地球もとても美しかった」と思い出せました。
もう一度外で色々な自然に触れたいと。(前までは外でても自分の頭の中ばかりみてた)


そんでシュヌスと落ち葉拾いとか(ヘッダーの葉っぱは2人で拾ったやつ並べた)、その葉っぱ水彩で描いたり、外でお茶会したりとかしてたら少しずつ元気になってきました。
というわけでのんびり描いていきたいと思います。


この続きをみるには

この続き: 697文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
私のやりたいこと、それらを叶えるまでに何をやって何を考えたかなど、私がもがくプククな様をエンタメとして見ていただけると幸いです。

ざくろ秘密♥倶楽部

¥1,000 / 月 初月無料

漫画先読みとざくざくろの頭の中、まだ世にでてない仕事などをお見せします。 作者への投げ銭だと思ってくださると嬉しいです。 月によって解除し…